MENU

育毛剤の効果と種類について

育毛剤の効果には幾つかの種類があり、自分の症状に合った製品を使用することによって発毛や育毛を促すことができます。

 

髪の毛の状態や薄毛が引き起こされている原因を理解し、その上で育毛剤を使っていかなければ意味がありません。

 

そこで、このページでは育毛剤で得られる効果について記載しており、どのような種類に分かれているのか事前にチェックしてみてください。


血行促進タイプの育毛剤

頭皮に塗布することによって毛細血管を拡張させて血行促進効果を得られるタイプの育毛剤が一つ目の種類で、この作用が得られる製品は数多く存在します。

 

育毛剤と名の付いている製品全てに当てはまると言っても過言ではなく、血液の巡りが悪くなればそれだけで栄養素が行き渡りにくくなり、育毛循環サイクルが途絶えてしまうので血行促進は大事な要素の一つなのです。

 

シャンプーの際に頭皮マッサージを行っていても血行を促進できているのか把握できないため、育毛剤に含まれている成分に頼った方が良いかもしれません。

 

慢性的な血行不良に陥っている方は、貧血や低血圧といった症状を伴うことが多く、ストレスによって自律神経の交感神経が乱れていると余計に症状が悪化するので、生活習慣の見直しも同時に行うべきです。

 

当サイトでご紹介している「BUBKA(ブブカ)」もこの種類の代表的な育毛剤となっており、細胞を活性化させて頭皮に栄養素を行き渡らせるM−034が含まれております。

 

同時に血管新生を促して育毛を促進し退行を抑える効果も得られるので、お得な定期コースで「BUBKA(ブブカ)」を購入してケアを行ってみてください。

 

 

>>> BUBKA(ブブカ)の詳細はこちら

 

 


男性ホルモン抑制タイプの育毛剤

男性ホルモンを抑制する効果のある育毛剤も現在では販売されており、薄毛の原因の中でもAGA(男性型脱毛症)の症状に有効だと考えられております。

 

基本的に塗るタイプの育毛剤には男性ホルモンを抑制する製品はないものの、飲む育毛剤のプロペシアが該当するのです。

 

フィナステリドが含まれたプロペシアはAGAの治療に効果的な医薬品の一つで、5αリダクターゼという酵素の働きを抑えて抜け毛や薄毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)を生成されにくくしてくれます。

 

プロペシアの服用で大きな育毛効果を実感できるとは限らないものの、抜け毛を抑えて現状維持することができるので、進行性の病気のAGAに効き目があるというわけです。

 

プロペシアは医師の処方箋がなければ服用することはできませんが、このサイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すればインターネットから注文できます。

 

アメリカ版のプロペシアが1箱当たり約5,500円と、病院での処方よりも安い料金となっているので、飲む育毛剤を使って症状の軽減を図ってみましょう。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


毛穴洗浄タイプの育毛剤

通販を中心に出回っている育毛剤の中には毛穴洗浄タイプの製品が存在し、頭皮環境を清潔に保つ効果が得られます。

 

従来の製品は頭皮に溜まったフケや汚れを除去する効果しか得られなかったものの、近年になって販売している育毛剤は毛穴の中まで綺麗にしてくれるのです。

 

毛穴の中に詰まっている汚れは通常のシャンプーではどんなにゴシゴシと洗っていても落ちにくいですし、汚れを押しのけて生えるほど私たちの毛髪は強くないということで、弱くて直ぐに抜けるような髪の毛ばかりになります。

 

髪の毛の成長期が短くなって抜けやすくなれば、自然と薄毛へと誘われてしまうということで、フケや皮脂が発生しやすい方は毛穴汚れを吸着して落とせる種類の育毛剤を使ってケアを行うのが良いかもしれません。


皮脂分泌抑制タイプの育毛剤

脂ギッシュな頭皮で悩んでいる男性には、皮脂分泌抑制タイプの育毛剤が実に効果的となっております。

 

適度な皮脂は頭皮の潤いを保つ存在として欠かせないですし、紫外線といった外部からの刺激から守れなくなるので肌トラブルが引き起こされやすい状態になるのです。

 

しかし、あまりにも皮脂が多く分泌されているとフケとなって毛穴の中に詰まり、健康な髪の毛が生えなくなるだけではなく、炎症を引き起こして脂漏性脱毛症の原因にもなります。

 

そのため、余分な皮脂の分泌を抑制する種類の育毛剤はメタボ気味の方に適しておりますし、このような効果が得られる育毛シャンプーも販売されているので、より良い頭皮環境を保つために欠かせないと言えるのではないでしょうか。

 

ただし、生活習慣の乱れによって分泌される皮脂は増えやすいという傾向があるので、脂っこい食事や糖分の多い飲み物はできる限り控えるべきです。

 

 


「育毛剤の効果と種類」に関するページ