MENU

飲む育毛剤の効果について

一般的に育毛剤と聞くと頭皮に直接塗るタイプの製品を頭に思い浮かべる方が多く、現在出回っている育毛剤の多くを占めております。

 

実は育毛剤は塗るタイプだけではなく、飲む育毛剤も効果が高いと言われており、個人の症状に合わせて使用すればより抜け毛や薄毛といった症状の改善に繋がるはずです。

 

サプリメントの使用では大きな変化が得られなかったとしても、医薬品の飲む育毛剤はそれなりに効果が高く、長期間の服用によって身体の内側から育毛を阻害している原因を排除してくれます。

 

塗るタイプの育毛剤が外側から行うケアなのに対して、飲む育毛剤は身体の内側から改善していくケアだと説明できるのではないでしょうか。

 

飲む育毛剤の中でもAGA(男性型脱毛症)に効き目があるのがプロペシアで、最初は前立腺肥大の治療薬として開発されたものの、臨床や研究によって育毛効果があることが分かりました。

 

AGAは男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変わることで抜け毛が生じやすくなると解明されており、飲む育毛剤のプロペシアは男性ホルモンを変える酵素の働きを阻害する効果があるのです。

 

得られる効果には個人差があるものの、「3ヶ月程度で産毛が目立つ」→「6ヶ月程度で産毛が濃くなる」→「1年間程度で抜け毛が減ってボリュームが出てくる」→「1年間から3年間で薄毛が減って全体的に効果を実感できる」という目安があります。

 

男性型脱毛症で悩まされているのであれば塗るタイプの育毛剤だけではなく、飲む育毛剤の併用も実に効果的なので、個人輸入代行業者のオオサカ堂からプロペシアを購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、飲む育毛剤の中でも代表的なプロペシアの中にはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれており、この成分がDHTを生成する酵素に働きかけて抜け毛や薄毛といった症状を改善してくれます。

 

長期間に渡って続けることで高い効果を得られるのは間違いないものの、副作用のリスクが高まるので十分に注意しなければなりません。

 

飲む育毛剤は効果が高い分、外用薬よりも副作用の発症率も高くなると考えられており、プロペシアであれば性欲の減退や胃痛、ミノキシジルタブレットであれば全身の火照りやめまいといった症状が挙げられます。

 

サプリメント系の育毛剤とは異なり、医薬品の成分が含まれていればこのようなリスクが生じるので、不安な方は個人輸入ではなく医師の処方によって手に入れるようにしてください。

 

 


「飲む育毛剤の効果」に関するページ