育毛剤の効果が出る部位

MENU

育毛剤の効果が出る部位について

薄毛が目立つ部位は一般的に生え際や頭頂部だと考えられており、育毛剤を使用した時に得られる効果にも違いが生じております。

 

年齢的な理由も去ることながら、生え際や頭頂部は他の部位と比べて男性ホルモンの影響を受けやすく、脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されやすいため、AGA(男性型脱毛症)を引き起こすという仕組みです。

 

薄毛やハゲといった症状に悩まされている男性でも、後頭部や側頭部といった部位に髪の毛が残っているのは男性ホルモンの影響が大きく関わっていると言えるでしょう。

 

「だんだんと生え際が後退していく」「頭頂部辺りから少しずつ薄くなっていく」「毛髪がある部分とない部分に差が生じ始める」と個人差があるものの、あなたが一番気にしている部位への育毛剤の効果は一番最後になりやすいと頭に入れておくべきです。

 

それに、同じ生え際の後退で悩まされている人が2人いたとしても、前方と後方では髪の毛の太さや長さは異なり、育毛剤の効果があらわれやすい部位には違いが生じてしまいます。

 

つまり、薄毛のマイナス度や頑固さは部位によって大きく差が開いており、自分の症状に適した育毛剤を使用してケアを行っていかなければなりません。

 

前頭部の額から左右に後退していくM字型、頭頂部から円形に広がっていO字型、額の中央部から広がっていくU字型など、様々な薄毛のタイプに適した育毛剤が当サイトでご紹介している「BUBKA(ブブカ)」です。

 

薄毛で悩むありとあらゆる男性が効果を得られるようにと、新しい育毛成分の「M−034」を60%も配合した育毛剤なので、是非「BUBKA(ブブカ)」を使ってケアを行ってみてください。

 

 

>>> BUBKA(ブブカ)の詳細はこちら

 

 

さて、これはどの部位の薄毛で悩んでいる方にも言えることですが、育毛剤の効果が上手くあらわれないのであれば使用方法が間違っている可能性があります。

 

毛穴などに汚れが詰まっている状態で育毛剤を使っても大きな効果はあらわれませんし、有効成分が浸透することはありません。

 

そのため、育毛剤を使用する前に髪の毛を洗って毛穴の中に含まれている汚れや皮脂を除去してから使用することを心掛けなければならないのです。

 

ただ育毛剤を使用すれば効果があらわれるのではなく、正しい方法で使用することで薄毛が気になる部位を少しずつ回復して発毛を促していくことができます。

 

他にも、頭皮環境を良くするというケアも欠かせないポイントの一つとなっており、育毛剤の使用だけではなく育毛シャンプーや頭皮マッサージの併用も実に効果的です。

 

頭皮の血行不良に陥っているとどんなに効果的な育毛剤を使用したとしても、成分が浸透しにくくなってしまうため、髪の毛を洗う際にマッサージをするクセも付けてみてください。

 

 


「育毛剤の効果が出る部位」に関するページ